検索
  • Tomo

全日本ロードレース選手権Rd.6茂木

後半戦もいよいよ開始!!

その1発目は、ツインリンク茂木でまたまた、フォーミュラと併催の2&4レースでした。

今回は、事前テストもなかったので、ぶっつけ本番で、しかも併催レースなので走行時間が少ないうえに、走行するタイムングも変則的な感じでした。


今回のレースから、ピットにはライダーの写真が入ったパネルも登場しました!!


さて、レースウィークですが、初日から!

一日目

前半戦から8時間耐久ロードレースをはさんでのレースでしたので、苦労するかな?と思って乗り込みましたが、やはり滑り出しは順調とはいえませんでした。

なぜ苦労するかって言いますと、やはり8時間耐久ロードレースで、他のチームの車両にたくさん乗車したので、そのバイクへの慣れが一番大きいですね!

おなじGSX-Rじゃん!と思いますが、実際は、ライダーによってセッティングも違ったり少しずつの違いが、最終的に感覚がすこしずつ変ってきてしまうんですよね!

8耐は、色々なライダーも乗りますしスプリントレースとはちょっと違う部分もありますし。

そんな事で、初日は思ったよりもタイムが伸びず、9番手でした。

二日目

もう予選しかありません。。。

こういう時には、この日程どうにかならんかね?って思います。

だって、予選30分でQ2にいければ、20分。

これだけで一日が終わってしまうんですし。まだ2レースあればいいんですけどね!

前日に比べ、タイヤのチョイスも替えてみました。

セットも少し変えてみて走行です!

どうにかこうにか予選5番手でQ2に進出しました!!

しかし、Q2でのタイムの伸び幅が自分たちにはなかったです。それで、7番手で終了しました。

翌日の決勝に向けて、しっかりと整備をしてホテルへ!!

もちろん、ライダーとしっかり打ち合わせをして、少しでも上の順位に上がれるようにしました。


決勝日

朝フリーは、今ウィーク初めて49秒台で走行できました。

予選よりも良いタイムで走れて、決勝に向けて少しずつですが良い感触になってきたのかな?ってようやく思えた感じです。

セットも、良くなってきて良かった!


決勝レース

今回のレースはかなりの苦戦が予想されていました。

現状では、#11号車渡辺一馬選手と#090号車秋吉耕祐選手とのレースになりそうなタイムでした。

しかし、スタートして見れば、1周目で5番手まで順位を上げれたので、上位集団の一番最後くらいでかえって来れました。

しかしながら、そこからは上位は徐々に徐々に離れていき、チームメートの津田選手に近づく形になり、一時は津田選手を抜き4位となりました。

後半になると、ペースも安定していたのですが、少しマイナートラブルが発生しました。

そこからは、ペースも上げることもできずに、どうにかチェッカーまでがんばろうとしてくれました。

結果は、5位でした。

トップとは、トラブルがあったにせよ最終的には1周で1秒の差がついている形となってしまいました。

まだまだ、差が大きいと実感させられるレースでした。


次回、大分県 オートポリスで開催されるレースでは、上位陣とレースができるようにしたいです。


ヨシムラジャパンのレースレポートにしっかり、自分が写真に写ってますが、どこ見てるんだか(笑)いつも気を張ってないといけませんね!!


75回の閲覧

長野市の自転車屋、バイク屋です。

修理、メンテナンス、カスタムはお任せください。

まずは、お気軽にご相談を!

 

サイクルセンターあまぬま (有限会社天沼商店)

長野県長野市吉田1-11-11(吉田神社前)

TEL:026-241-5883

古物商許認可:長野県公安委員会第481019607026号

0

MY CART